作成者別アーカイブ: Secretariat

1 / 21123...1020...最後 »

ナイトタイム in 函館

A4_nighttime
函館を拠点に活動しているマジシャン・高野太吾による「ナイト・オブ・ザ・マジック・バー」と、音楽グループひのき屋による「ひのき屋ライブ」を行います。海外から来られる観光客の皆さんに、夜間時間帯を楽しんでもらえるというイベントです。もちろん地元の皆さんはこの機会にぜひ足をお運びください。一緒に函館の夜を楽しみましょう。

ナイトタイム in 函館

会場:あうん堂ホール(松風町8-6)
日時:

  • 1/25(土)開場19:00 開演20:00 ナイト・オブ・ザ・マジック・バー(高野太吾)
  • 1/29(水)開場19:00 開演20:00/21:30 ひのき屋ライブ(ひのき屋)
  • 2/7(金)開場19:00 開演20:00/21:30 ひのき屋ライブ(ひのき屋)
  • 2/14(金)開場19:00 開演20:00 ナイト・オブ・ザ・マジック・バー(高野太吾)
  • 2/16(日)開場19:00 開演20:00/21:30 ひのき屋ライブ(ひのき屋)

料金:ナイト・オブ・ザ・マジック・バー500円、ひのき屋ライブ無料(いずれも要1ドリンクオーダー)
主催:函館ナイトタイムエコノミー推進協議会
問合:一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパン(0138-27-7081・芸術祭事務局)

秋のワールズ・ミート・バー開催

wmb01

あの夏を語ろう。世界のカクテルを楽しみながら、芸術祭をネタに盛り上げるイベント、秋の「ワールズ・ミート・バー」を開催します。

ノーチャージ・キャッシュオンデリバリー(注文ごとに現金払い)という明瞭なシステム。ビールやカクテルを500円でお楽しみいただけます。ふらっと立ち飲みOKです。このイベントの収益は芸術祭の運営に役立てられます。

ご来店いただいた方から先着順に、芸術祭オリジナルステッカーや紙製コースターをプレゼント。店内のブランド・アンバサダーが、初めての方にもお声がけしてご案内します。安心してご来店ください。

芸術祭ファンをはじめ、フェストゥフェスやフェスティバルタウンに興味のある方、本場のモヒートを味わいたい方、歓迎です。

ワールズ・ミート・バー

  • 日時:2019年9月29日(日)17:00開店 21:30ラストオーダー
  • 会場:カクテルバー・コンコルド21( 函館市本町1-42・シノン館1階
  • 内容:芸術祭をネタに世界のカクテルを満喫
  • 料金:ノーチャージ、アルコール・モクテル1杯500円、ジュース類1杯300円(いずれも特別メニューにてご提供)、最初の1杯におつまみ付き
  • 主催:一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパン
  • 問合:芸術祭事務局 0138-52-3815
  • 備考:事前予約不要

ドリンクメニュー(抜粋)

ビール

  • ブルックリン・ディフェンダー IPA(ハーフ・パイント)
  • 常陸野ゆずラガー(ハーフ・パイント)

芸術祭のアーティストに人気だったカクテル

  • モヒート
  • ジェムソン・コーラ
  • シンガポール・スリング(ラッフルズ・スタイル)

世界で人気のカクテル

  • オールド・ファッションド
  • ネグローニ

定番もあります

  • キューバ・リブレ
  • ジン・トニック
  • モスコーミュール
  • テキーラ・サンライズ

まだまだあります

  • ジェムソン・アイリッシュ・ウィスキー
  • 赤ワイン/白ワイン
  • モヒート・ジュース
  • ウォッカ・日向夏 …など当日にご期待ください

wmb02

wmb03

wmb04

エアテーブルとスマートフェスティバル

スクリーンショット 2019-08-26 11.26.30

クラウドで使えるリレーショナルデータベース「Airtable(エアテーブル)」を芸術祭の制作に取り入れました。ともすればあちこちに散らばりがちな情報をまとめて、必要なときに必要なところへ届くようにしたいと思います。

特に改善を期待されるのが海外アーティスト情報です。応募、審査、情報公開といったプロセスを省力化して、迅速な意思決定をできるようにしたいと思います。ちなみに海外アーティスト募集ページ(英語)の応募フォームで、エアテーブルを使っています。

ITを用いたフェスティバルの制作過程について、私たちは内々で「スマートフェスティバル」と呼んでいます。これまでGスイート、ドロップボックス、スラックなどを使って、組織内の情報を管理共有してきました。

こうした大量な情報をよりはやく「見せるかたち」にできるか。エアテーブルで挑戦してみたいと思います。

リレーショナルデータベースは技術的な話題ですので、多くの方になじみがないのではと思います。マイクロソフト・オフィス・アクセス、またはファイルメーカーのようなものだと思ってください。在庫管理やCRMなど、すでにリレーショナルデータベースを使っている方は、参考になるかも知れません。

ところで調べてみると、2018年から横浜で「みなとみらいスマートフェスティバル」が行われているそうです。「環境・IoT等の先端技術と音楽・アートをコラボしたイベント」とのこと。今後スマートフェスティバルということばは国内に定着するでしょうか。注目したいと思います。

元町公園で、『世界』に出会う。音楽や舞踊・大道芸、ITのジャンルに加えて環境やSDGsに、これからも力を入れていきます。

1 / 21123...1020...最後 »