Author Archives: Secretariat


「どこでも芸術祭」開催のお知らせ

10/17・18(土日)いずれも10:30から、道の駅なないろ・ななえにて、「どこでも芸術祭」を開催します。道の駅なないろ・ななえとThe Danshaku Loungeによる「秋の合同収穫祭」の一環です。雨天時は内容を一部変更して、館内で開催する予定です。

どこでも芸術祭

  • 秋のワールズ・ミート・バー
  • チョイスちゃんライブ
  • 芸術祭オリジナルグッズ販売
  • イベント「ポゴスティックで目指せピッタリ9.99秒!」
  • 会場を彩るアートプロジェクト

8月の通常開催を断念せざるを得なかった「はこだて国際民俗芸術祭」に代わり、今年は新方式のイベントの開催を模索しています。今回の「どこでも芸術祭」は、五稜郭公園の「モーツ・アート」に続く第2弾。芸術祭のエッセンスが各所にちりばめられたイベントです。元町公園でお会いできなかったファンの皆さんの参加をお待ちしています。

・秋のワールズ・ミート・バー

芸術祭名物のモヒートをはじめ、お車、お子様連れのお客さまにも安心してお楽しみいただけるモクテル(ノンアルコール・カクテル)をご用意します。

・チョイスちゃんライブ

芸術祭で人気を博した異色コンビ、チョイスちゃんが、この日のために駆けつけます。哀愁あふれる唄とギター・西沢和弥と、凄腕バイオリニスト・黒田かなでが、ドリンク片手に乾杯します! 各日12:30、14:00から2回公演を予定(開演時刻は目安です)。

・芸術祭オリジナルグッズ販売

どこでも芸術祭の開催を記念して、新作のリュック、巾着、トートを用意しました。そして、幻となった「第013回芸術祭」オリジナルステッカーがお目見えします。

・ポゴスティックで目指せピッタリ9.99秒!

幻の第013回芸術祭のテーマ「スパイラル」にちなんで、ポゴスティックを使ったイベントを開催。ぴったり9.99秒を目指してタイムレースを行います。優勝者にはThe Danshaku Loungeと、ワールズ・ミート・ジャパンから賞品を進呈(雨天時は中止します)。

・会場を彩るアートプロジェクト

毎年元町公園を彩るイギリス「トゥーザリ」の旗を展示。どこでも芸術祭の準備がこれで整います。

一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパンは、2021年8月に行われる「第014回芸術祭」について、元町公園で通常の開催を目指してその準備を始めました。

今回のどこでも芸術祭で、ファンの皆さんとの交流が大いに深まり、来年の開催へ向けての弾みにしたいと考えています。お誘い合わせの上、ご来場ください。お待ちしています。

Thanks To Our Sponsors: WMDF 013

Even with no main event, WMDF has large fixed costs every year, like storing a whole warehouse full of event paraphernalia. We couldn’t be more grateful to the sponsors who recognised this and responded to our 2020 funding call. The list of sponsors on our website is just the public face of the support we received: thanks so much for all the private contributions that also flowed in.

While the Corona outlook remains uncertain, we will still be doing what we can to pursue our “Worlds Meet” goals. This is a time for new inspirations and original solutions. We will be doing our part to keep the art alive, with events like “Moat’s Art“. Thanks for your continued support: we wish you all health and fortitude.

協賛金・寄付金のお願い

ご案内のとおり、芸術祭は4月7日から協賛金・寄付金を募集しております。厳しい状況を承知しておりますが、1口1万円からのご協力をお願いいたします。お申し込みはこちらのページから行っていただけます。

—芸術祭の火をともしましょう

募集開始以降、はやくもご新規さまや個人の方々から、「Do your best!」といった励ましの声とともに、ご入金をいただいております。ありがとうございます。時期がまいりましたら、芸術祭ホームページにてご芳名を紹介いたします。

前回ご協賛いただいた皆さまには、ダイレクトメールにて申込書をお送りいたしました。早速のお申し込み、お振り込みをいただいた皆さま、ありがとうございます。そして「今年は無理だけど、来年は必ず!」とご連絡をくださった皆さま、お忙しい中ありがとうございます。

こうした反応をいただくと、芸術祭がいかに皆さまから愛されているか肌で感じます。重ねてお礼申し上げます。

しばらくはスタッフミーティングをはじめ、人と集まる事業はできそうにありません。とはいえ、オンラインシステムを使ってコアミーティングを開くなど、まだ見ぬ第013回のあり方を主催者として模索している最中です。

まずは固定費の支払いに見通しを立てたうえで、次の弾みへつなげたいと思います。皆さまのご期待に添えるようできることを重ねてまいりますので、これからも変わらぬご協力のほどお願い申し上げます。