芸術祭メインイメージ


元町公園で、「世界」に出会う。はこだて国際民俗芸術祭(芸術祭)は、民俗芸術の分野で国内最大級を誇る、夏の大型フェスティバルです。世界の民俗芸術団体(アーティスト)が函館に長期間滞在し、元町公園会場を中心に野外ステージやワークショップなど、様々なイベントを行います。2008年から2015年(第008回)の開催まで、日本を含む44の国と地域から1,500人以上のアーティストを迎え、来場者はのべ24万人を数えます。

2016, 第009回芸術祭

2016年の第009回芸術祭は、8/5(金)から8/11(木祝)まで7日間、元町公園会場を中心に開催します。芸術祭の期間中は、世界の料理や雑貨が集まる「もぐもぐフェスティバル」や、親子で遊べる「わくわくフェスティバル」を開催します。芸術祭のテーマは「ロングナウ・ビッグヒア」。芸術祭の開催を通じて、歴史や未来を長い時間で考え、責任ある行動をとりたいと考えています。

違法駐車撲滅!

元町公園・公会堂前・ペリー広場各会場周辺は、全線駐車禁止です。スタッフによる巡回を行っております。警察官もパトロールしています。規制標識がなくても、交差点内やガレージの前などはすべて違法駐車です。また、近隣の店舗駐車場、函館市元町観光バス駐車場に停めてのご来場も固くお断りいたします。芸術祭は地元の方々のご理解とご協力により成り立っています。皆様のご協力をお願いします。